煎茶のおいしいいれ方

  • 茶葉の量 ‥‥ 1人当り約2g(大さじ約1杯)
  • お湯温度 ‥‥ 70~80度(横ゆれして湯気が上がる程度)
  • お湯の量 ‥‥ 1人当り約60cc
  • 浸出時間 ‥‥ 蓋をして約1分間くらい

 

 

人数分の湯のみにお湯を8分目ほど入れて

お湯を冷まします。

(お湯の分量を量る事もできます)

急須に茶葉を入れます。

茶葉の量は、1人当り約2gほどです。

 

 

 

湯のみで冷ましたお湯を急須に注ぎます。

理想のお湯の温度は約75度。

その後、約1分間くらい、

お茶の葉が開くまで静かに待ちます。

ゆっくりお茶の香りを楽しみましょう。

 

 

 

湯のみに均等に注ぎ分けます。

つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、

お茶の濃さが平均するようにまわし注ぎます。

最後の一滴まで絞りきってください。

 

 

 

二煎目もおいしくいれる4つのポイント

1.一煎目のお湯を残すと二煎目が渋くなるため、最後の一滴まで絞り切る。

2.注ぎ切った後、急須の蓋をずらしておくと、茶葉が蒸れずに二煎目もおいしい。

3.二煎目は一煎目よりやや高温のお湯を使用すると、茶葉に残ったうま味と、高温で溶け出す適度な渋味が楽しめる。

4.二煎目からは早めに注ぎ分ける。